(0) Cart
  • No products in the cart.

スタンドアップパドルサーフィンのルール・マナー

子供から大人まで、男女問わず楽しめるウォータースポーツとして、スタンドアップパドルサーフィンの人気が高まっています。
大きなサーフボードの上に立ち、パドルを使って漕いでいきます。
波・風のないフラットな海水面でも楽しめるのが魅力です。
そんなスタンドアップパドルサーフィンを、これから始めようと検討している方も多いと思います。
こちらではスタンドアップパドルサーフィンのルール・マナーをいくつかご紹介します。

3. スタンドアップパドルサーフィンのルール・マナー1(変更後)

スタンドアップパドルサーフィンのルール・マナー

サーフィンや釣りなど、ウォータースポーツにはローカルルールが存在します。安全にウォータースポーツを楽しむためには、ルールを守ることが非常に大切です。サーフィン未経験者の方はまず、サーフポイントのルールから学びましょう。

ワンマン・ワンウェーブ

サーフィンにおいて基本中の基本となるルールです。安全・快適に楽しむため、同じ方向に向かう一つの波には一人しか乗れません。必ず頭に入れておくべきルールなので、まず「初心者だから仕方ない」という考えは通用しません。トラブルを避けるためにも確実に守りましょう。

前乗り・後乗りは厳禁

サーフィンでは波のピークから乗ったサーファーに波の優先権があります。前乗りは優先権を持つサーファーの前に割り込む行為を言います。前乗りは非常に不愉快な上、大変危険な行為です。間違って前乗りした場合は速やかにライディングを止め、相手に謝罪しましょう。そしてライディング中のサーファーの後から、同じ方向に乗る行為を後乗りと言います。こちらも前乗り同様ルール違反ですので、気をつけましょう。

波を独占しない

きちんとルールを守っていたとしても、波の独占はマナーの悪い行為です。慣れてくると片っ端から波に乗りたくなることは多いです。しかし、波を独占している間、波を待っている方が不愉快な思いをし、それがトラブルに発展する可能性は十分あります。自分以外にも波を待っている方がいるということ認識し、譲り合う気持ちを持つことが大切です。

ウォータースポーツに限らず、最低限のルール・マナーを守るのは当然のことです。人との調和を意識しながら楽しみましょう。

ULIでは空気式インフレータブルボートの通販を行っております。専門店ならではの品揃えとなっており、低価格でご購入いただける商品もございます。中古ボートをお探しの方も、ぜひULIの商品をご検討ください。